看護師が転職を考えるきっかけになるタイミング

看護師転職で多いきっかけとは?

看護師が転職を考えるきっかけになるタイミング

看護業界は転職をする方が多い業界ですが、そのきっかけは人によって異なります。ですが、比較的多くの方が考えるきっかけがあります。その中の一つ目は、給料に満足できなくなってきた時です。

看護師の方の仕事は忙しくなりがちでその忙しさや仕事の内容と収入が見合っていないと考え始めた時に、転職を検討する方は多くなっています。こうした理由で転職をする看護師の方はとても多く、採用する側も人手が不足しているため、多少の条件を飲む職場は多いです。

次に勤務時間が長いと感じた時です。こちらも看護師の仕事の忙しさを反映していますが、残業がとても多く、体力的にも精神的にもつらいと感じる看護師の方も多いです。

特に規模の大きな病院ではこの傾向が強く、数年すると転職を検討する方も比較的多い傾向にあります。また、看護師の方にはつきものの夜勤も勤務時間を不安定にさせている要因で、自分の思うように休めない事をきっかけにして転職を考える方は多いです。

三つ目はミスをした時です。多くの看護師の方が働いている病院は、常に患者さんの命と向き合う現場です。緊張感も非常に大きく、少しのミスが大きなトラブルにもなりかねません。

そうした所でミスをしてしまうと、やはり精神的な負担になってしまいますし、常にそうした緊張の中で働くのは、大きなストレスにも繋がります。こうした疲れから転職を考える方も多く、介護施設など、もう少し落ち着いて働ける職場を望む方も多いです。

最後に、結婚や出産などのタイミングが来た時です。こちらは看護の仕事の内容というよりは、プライベートの事情でもありますが、看護師の方は女性が多く仕事をしているため、こうした事をきっかけにして転職を考える方も多くいます。

また、転職のほかにも一旦休職して仕事をしない期間を設け、その後復帰するというブランク明けの看護師の方もいます。こうした様々な状況の看護師に対応できるように、勤務形態が整えられている職場も多いです。

↑ PAGE TOP