バストアップに関する胸の成長

胸ってどうやって成長するのかご存知でしょうか? バストアップをするには胸のことを知る必要がありますね。 胸の成長を知るために、まずは胸の構造をご紹介しましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、胸の約9割は脂肪からできています。 残りの部分が乳腺組織(乳管・線房・乳綿葉など)で作られています。

また、乳房を支えてくれているのが大胸筋です。 体格の良い女性の乳房が大きい傾向にあるのも、この構造からいえることです。 皮下脂肪が豊富なため、自然と乳房にも脂肪が豊富になり胸も大きくなると言うことです。

乳腺は初潮を迎える1年位前から成長が始まります。 そして初潮を迎えてから乳房第一期、第二期と成長します。 その後、熟成期、成長期と進み、大人の女性のような美しいバストが作られます。 最終段階では乳腺が発達し、個人差はあるものの18歳前後には乳腺の発達が終わるようです。

思春期を過ぎたあたりの時期にキレイなバストを望む方が多くなり、 よりバストアップをしたいと考える方が多いようですね。

そのようなことから胸の大きさにも個人差があると感じてきます。 バストアップを望む女性には少しでも大きくなってほしいところですね。

このような思春期以外にも乳房が成長する時期があり、 その時期は妊娠から出産の時期となります。 この時期は授乳ができるようにしなくてはならないため、乳腺が急激に発達します。 個人差はあるものの、ほとんどの女性が2カップくらいは大きくなる傾向にあります。

妊娠することでバストアップが可能ですが、個人差はあるものの出産を迎えると次第に小さくなる傾向があります。 これはバストが女性ホルモンとバストアップが密接な関係にあるからです。

このような胸の変化はやはり女性ホルモンの影響によって引き起こります。 女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが胸の成長に影響しています。

丸くやわらかい体つきにしてくれるのがエストロゲン。 妊娠や女性にだけ見られる症状に影響するのがプロゲステロンです。 この二つの女性ホルモンが胸の成長に密接に関わる大切なホルモンと言えるでしょう。 これらを上手に利用することにより、より効率よくバストアップができます。

思春期や妊娠期だけに限らず、胸の成長やバストアップには常日頃からホルモンバランスを整えることが大切です。 規則正しい食生活と適度な運動でバストアップを目指しましょう。

メニュー

ページの先頭へ