葉酸サプリの副作用を避けるためには?

妊娠を考えていたり、妊娠中の女性をサポートしてくれると評判なのが葉酸サプリです。妊娠率を上げたり、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康を保ってくれたりと良い面も多いですが、摂取しすぎると副作用を招く恐れがあります。

今回は、副作用を起こさないために確認するべきポイントをご紹介します。

葉酸サプリの過剰摂取が、副作用の原因に?

葉酸サプリを過剰摂取すると、副作用として吐き気や呼吸障害を引き起こしたり、胎児への喘息リスクが上がる恐れなどがあります。

厚生労働省では、1日に目標とする摂取量を成人が240μg、妊婦が480μg、授乳婦が340μgと定めています。一日あたりの上限は1000μgとなっています。「葉酸は、多少多めに摂取したとしても、尿と一緒に体外に出るから大丈夫じゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、過剰に摂取しすぎると、体外に余分な葉酸を排出できなくなります。また、葉酸サプリは食品に較べて葉酸が吸収されやすくなっていることもあり、飲み過ぎるとすぐに目標摂取量を上回ってしまいます。

葉酸の目標摂取量は妊娠時期によって変わる?

妊娠前から授乳期において、それぞれ目標摂取量が変わるのをご存知ですか?過剰摂取を避けるために、ここで時期別の目標摂取量をしっかり確認しましょう。

妊娠前の目標摂取量

この時期の必要摂取量は、1日400μgです。

葉酸の役割は、子宮内膜を厚くし強化する、着床率の低下を防ぐ、受精卵を保護するといった働きがあります。これにより、妊娠する可能性を高めることができます。

女性だけでなく、妊活の4ヶ月前から、男性も葉酸の摂取を意識した方が良いとされています。葉酸が不足すると、正常な精子が出来にくくなり、妊娠の確立が下がったり胎児の障害リスクが高まるからです。この場合、男性の目標摂取量の目安は1日240μgとなっています。

妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月(妊娠0週目~11週)

この時期の必要摂取量は、1日400μgです。

葉酸の役割は、出生時の神経管閉鎖障害や脳神経障害、自閉症のリスクを低下させ、流産のリスクを下げるといった働きがあります。

この時期は葉酸が不足しがちなので、最も葉酸を取る必要があります。かといって、過剰摂取をしないように気をつけましょう。

妊娠初期:妊娠4ヶ月(妊娠12週~15週)

この時期の必要摂取量は、1日400μgです。

葉酸の役割は、神経管閉鎖障害や脳神経障害、自閉症のリスクを低下させることです。また、子宮内の胎児発育が遅延するのを予防したり、流産リスクの軽減や、貧血の予防といった働きもあります。

上の妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月と同じ摂取量・役割です。

妊娠中期:妊娠5ヶ月から7カ月(妊娠16週~27週)

この時期の必要摂取量は、1日240μgです。

葉酸の役割は、早産の予防、妊娠高血圧症候群や貧血の予防、流産リスクを下げるといった働きがあります。

この時期から、葉酸の必要摂取量が減っていきます。忘れずに意識するようにしましょう。

妊娠後期:妊娠8ヶ月から10ヶ月(妊娠28週から43週)

この時期の必要摂取量は、1日240μgです。

葉酸の役割は、免疫機能や消化器官機能の改善や、貧血予防といった働きがあります。

出産後(授乳期)の目標摂取量

この時期の必要摂取量は、1日100μgです。

葉酸の役割は、出産後の子宮機能の回復や、母乳の出を良くする働きがあります。

時期により、葉酸が必要となる量が変わるので面倒に感じるかもしれませんが、自分と赤ちゃんのためにも摂取量をきちんと確認しましょう。
TOP 天陽会 中央病院 中央クリニック 鹿児島

葉酸サプリを選ぶポイントは?

さまざまな葉酸サプリがありますが、中には質の悪い葉酸サプリもあります。副作用を起こさないためにも、慎重に成分など確認するようにしましょう。

1粒あたりの葉酸配合量を見る

葉酸サプリによっては、一粒あたりに葉酸がかなり多く配合されているものがあります。しっかりと配合量を見ておかないと、気付いたら過剰に葉酸を摂取してしまっていた、ということになってしまいがちです。

添加物を見る

サプリメントには、保存性を高めたり飲みやすくするため添加物が含まれています。添加物には着色料や香料など、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

特に、ショ糖脂肪酸エステルという添加物が入ったサプリは、胎児の染色に異常を起こす可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

サプリは毎日摂取するものなので、無添加など体に優しいものを選びましょう。

ビタミンAの配合量を見る

ビタミンAは、過剰に摂取すると胎児の発育不全や流産のリスクが高まる可能性があります。サプリにビタミンAについての配合量や、注意点など書いてあるかどうかしっかり確認しましょう。

GMPマークがついていること

GMPとは、適正製造規範のことで、一定の品質が保たれていることを意味しています。サプリメントにGMPマークがあるかどうか確認してみましょう。

まとめ

・葉酸サプリの過剰摂取は、副作用を起こす原因になる
・妊娠の時期によって葉酸の目標摂取量が異なってくる
・質の悪い葉酸サプリを避ける為に成分や添加物を確認する

バストアップサプリの基本的な飲み方

バストアップサプリといえばただ飲むだけでバストアップが目指せるとても便利なサプリメントなのですが、適当に飲んでしまうのはもったいないです。 バストアップサプリは飲み方を少し工夫するだけで効果を高めることができます。

口コミ評価が高いバストアップサプリを購入したものの、なぜか自分の場合はあまり効果が得られないと悩んでいるのであれば、もしかしたら飲み方に問題があるのかもしれません。

飲み方を間違えてしまうと効果の高いバストアップサプリでも十分な効果が得られなくなってしまうので、まずは基本的な飲み方についてご紹介します。

バストアップサプリの飲み方はその商品にどういった成分が含まれているのかによって違ってきます。 例えばバストアップサプリの成分として代表的なものにプエラリアというものがあるのですが、プエラリアは卵胞期に作用する成分です。

そのため、効果を得るためには卵胞期に飲まなければなりません。 他にワイルドヤムやチェストベリーといった成分が含まれているバストアップサプリもありますが、こちらは黄体期に取り入れることが大切です。

注意しなければならないのが、体の時期に適したものを選択しなければ体調不良に繋がってしまうということ。 つまり、卵胞期に飲むべきプエラリアを黄体期に飲んでしまった場合、体に良くない影響が出てしまうのです。

たまにサプリメントの口コミに「一ヶ月継続して飲んでみましたが効果がないだけでなく副作用がありました」と書かれているようなものもありますが、ほとんどのバストアップサプリは時期に応じて飲み分けが必要になるため、飲み方を間違えている可能性が高いです。

次に、飲むタイミングについてですが、これは商品に記載されているタイミングに飲みましょう。

どの商品にも飲み方について書かれているため、それを参考にすると良いですね。

サプリメントの中には寝る前に飲むと効果が高いとされているものもありますが、ほとんどのバストアップサプリは血行の良い日中に飲むように書かれています。

マッサージでバストアップ

胸を大きくしたいと考えている方の多くは、とても手軽にバストアップができるサプリメントを取り入れることを考えるケースが多いようです。

ですが、バストアップをしたいと思っているもののあまりお金はかけたくないという方も多いはず。

そのような方はバストアップマッサージを取り入れてみてはどうでしょうか。 バストアップを実現するためには乳腺というものを発達させる必要があるのですが、マッサージは乳腺を発達させるのに非常に高い効果を発揮してくれるのです。

マッサージを始めようと思っている方は先にクリームやオイルを用意しておきましょう。 なにもつけないでマッサージしてしまうと肌に負担がかかるだけでなく、胸に余分な刺激を与えてしまうことにもなります。

マッサージ不要のバストアップクリームを使う際にもマッサージを取り入れた方が高い効果が期待できるでしょう。

基本的なやり方をご紹介します。

バストアップマッサージはリンパマッサージです。 リンパは体の様々な場所にめぐっているのですが、リンパの通りを良くしてあげることにより肌の透明感が増したり、バストアップに繋がります。

注意しなければならないこととして、あまり強く刺激してしまうと胸を支えているクーパー靭帯というものが切れてしまうことがあるため、優しく丁寧にマッサージしましょう。

胸が大きく揺れたりするようなマッサージでは刺激を与えすぎている状態だと言えます。

脇の下や鎖骨周辺、耳の下から首筋にかけてのラインはバストアップに効果的なリンパが流れているため、このあたりを刺激してあげると良いですね。

マッサージクリームやオイルを首筋に伸ばしたら耳の裏に人差し指と中指、薬指をあて、鎖骨のくぼみに向かって小刻みに押していきましょう。

今度は戻るように押して耳の裏に戻ったら、次を押すのではなくなぞってマッサージします。 鎖骨の上も往復するようになぞると良いですね。

バストアップマッサージ胸が垂れるの防止したり、垂れた胸を元の位置に戻すためにも役立ちます。

おやすみ中におすすめ!バストアップブラ

起きている間はバストアップのためのマッサージを行ったりサプリを飲むなどのバストアップ対策ができますが、寝ている間もバストアップを行うことは可能です。

例えば、就寝時に身に着ける下着をバストアップ効果があるものにするだけでも胸を大きくするための対策に繋がるでしょう。

インナーはあまり深く考えていないという方もいるかもしれません。 ですが、バストアップブラには胸を大きく見せたり、育乳効果が期待できるものもあるため、ぜひ取り入れてみたらどうでしょうか。

ただ、補整下着を使ってみた事があるけれど身につけている間は確かに効果が期待できるものの外してしまうと元の状態に戻ってしまった経験があるという方もいるかもしれません。

実際に補整下着を使って脂肪を集めたとしても取り外すと元通りになってしまいますよね。 バストアップのために取り入れて欲しいのは補整下着というよりも育乳ブラと呼ばれるものです。

育乳ブラとは何かというと、その名の通り育乳が期待できるブラジャーのことで、着用するだけでバストを刺激できるというアイテムになっています。

バストアップサプリやクリームを使うのには少し不安があるという方でも育乳ブラであれば気軽に取り入れることができますよね。

それに、育乳ブラは胸を育てている間にもバストを美しい形で保ってくれるため、すぐに美胸効果を実感できるのです。 育乳ブラといっても様々な種類があるため、評価が高いものを選びましょう。

胸はクーパー靭帯という筋肉によって支えられているのですが、この筋肉は飛んだり跳ねたり、走ったりするだけでも簡単に影響を受けてしまい、胸が垂れる原因になってしまいます。 日常生活の中でもサイズが合わない下着などを身につけているとクーパー靭帯が伸びてしまうので注意しましょう。

日中はクーパー靭帯に負担をかけないように自分で注意することができますが、寝ている間の姿勢はなかなか意識できませんよね。

バストアップに効果的な育乳ブラを取り入れれば、寝ている間もバストをしっかり支えてくれるため、クーパー靭帯が損なわれてしまうこともありません。

10代におすすめのバストアップ方法

周りに比べて胸が小さいとコンプレックスになってしまいます。 特に、同年代の女の子と一緒に過ごすことが多い10代のうちは周りの女の子と胸の大きさを比べてしまい、落ち込んでしまうことが多いのではないでしょうか。

ですが、10代のうちからバストアップサプリを飲むのはあまりおすすめできません。 というよりも、バストアップサプリを飲んだからといって大きな効果は期待できないと思った方が良いでしょう。

バストアップサプリを飲むことによってなぜ胸が大きくなるのかというと、これにはバストアップサプリに含まれる成分が乳腺の発達を促してくれるからということが関係しています。

そのためにバストアップサプリには女性ホルモンと似た働きをしてくれる成分が含まれているのですが、10代のうちはサプリを飲まなくても女性ホルモンが豊富に分泌されている状態です。

つまり、元々女性ホルモンが多い体にさらにバストアップサプリを追加したとしても胸が大きくなる効果は期待できないということになります。

もちろん、10代でも飲めるバストアップサプリであれば飲むこと自体に問題はありません。 注意しなければならないこととして、たくさん飲めば飲むほど効果があるというものではないため、用法、用量は必ず守りましょう。

間違った飲み方をしたり飲みすぎてしまうと体に悪影響があります。 10代のうちはバストアップサプリを取り入れることよりも胸の土台を鍛えるエクササイズなどを行った方が良いでしょう。

ただ、人によっては10代でも女性ホルモンがあまり分泌されていない方もいます。 例えば、睡眠時間が足りていなかったり過度なダイエットをしている方、無理な食事制限をしている方などはホルモンバランスが乱れやすくなってしまうので注意しましょう。

10代のうちは生活習慣を整えて女性ホルモンの分泌量を高めることを意識すると良いですね。 バストアップサプリはあくまで補助的な役割で利用した方が良いでしょう。

メニュー

ページの先頭へ